しゅんた鍼灸整骨院の詳細

事故の時、こんな症状にも注意☝️


京都市北区鞍馬口 交通事故治療

しゅん太鍼灸整骨院です☆

 

交通事故に遭った後、腰痛が起きたり、ひどくなったりすることがあります。

これは事故の強い衝撃によって、ぎっくり腰と同じような症状が起きると考えられるからです。

ぎっくり腰はご存知のように、重いものを持ち上げたり、身体をひねったりした瞬間に、ギクッと腰に激しい痛みが走るものです。

腰椎(ようつい)や骨盤の筋肉、靭帯、筋膜、軟骨などの軟部組織が損傷して、炎症を起こしている状態です。

このぎっくり腰は、医学的には「急性的椎間関節捻挫」(きゅうせいてき ついかんかんせつねんざ)といいます。この名前からわかるように、むち打ち症(頚椎捻挫)と同じく、捻挫なのです。

事故に遭うと、頚椎だけでなく、腰椎や骨盤も強い衝撃を受けます。

それによって、頚椎捻挫と同じようなことが腰椎でも起きるのです。

また、もともと腰痛を持っている人は、事故の衝撃が引き金になって、慢性腰痛がさらにひどくなることもあります💦

そうなる前に一度ご相談ください(^ ^)

 

0B476073-31B0-43DB-B7EE-A13D9C602814

 

詳しいことは下記のページをご覧ください

「交通事故についてはこちら」

※日本事故治療プロフェッショナル協会より抜粋


ご予約、お問い合わせは0752314363までお掛け下さい。