しゅんた鍼灸整骨院の詳細

当院の特徴と強み


その1 小林医院との連携による精密検査

「医院→鍼灸整骨」ではなく、「鍼灸整骨院→医院」

当院では、三階の「内科・外科小林医院」との連携により、レントゲン撮影を使用し、より精密な検査を行うことができます。 この流れをとることにより患者様の様々な体の症状に対して対応させて頂きます。 例としては、医院にかかり改善されにくい運動器の症状は鍼灸整骨領域でさせて頂く。

鍼灸整骨領域では治りにくく内科的な治療の方が早く改善されるであろう症状などについては医院での治療をして頂く。 治療~予防治療への展開が必要であると考えております。

いくら治療をしても予防をしないと、また同じような状態に陥ってしまいます。 患者様の症状に対して治療をさせていただき、そのあとに再発しないように予防治療をさせて頂くまで付き合わせて頂き、少しでも患者様が幸せに日常生活を送って頂ければ光栄だと思います。

このように、医院との連携をスムーズに行える環境が当院にはあります。 西洋医学と東洋医学にはそれぞれに特徴があり両方面から患者様にアプローチすることにより、 症状によって患者様に適切な治療を提供させて頂けると思っています。

患者様視点で物事を考え、患者様が日常生活の中で痛みも不安もなく健康で過ごせる事が私たち医療に携わるものとしての役割であり、社会の中での位置づけであると考えます。

その2 手技療法

手を使い、痛みに関係する筋肉に対して施術していきます。 筋肉などの軟部組織は何らかの理由で痛められ、血液循環が悪くなり、固まってしまいます。 その固まってしまった筋肉などの軟部組織に対して刺激を入れていき、循環を良くする事により、組織を修復していきます。

その3 トリガーポイント療法

「トリガー=引き金」つまりは、痛みを起こす引き金となっている部分。原因をさします。

痛みを感じる部分にシップを貼ったり、マッサージを施しても、一向に症状が良くならない。 そんなことはありませんか?

痛みを感じる部分と原因となる部位は異なる事も。

実は痛みを感じる部分と、原因となる体の部位は必ずしもイコールの関係ではないのです。

例えば、「頬に痛みを感じる方のふくらはぎのヒラメ筋を弛めると痛みが軽減した。」 「背中に痛みを感じる方の首筋を弛めると、背中の痛みが消えた。」といった症例が実際にあったりします。


ご予約、お問い合わせは0752314363までお掛け下さい。