未分類

コンビネーション治療器【EU-910】

超音波と電気刺激を組み合わせた総合した治療が可能な機械になります。患部に対して2つの刺激が働きかけることのより、手技では届かないカラダの深部まで到達させ、筋肉や関節の”こわばり”を和らげることが可能になります。筋肉を細胞レベルまでほぐすので、再生組織の活性化が促され筋肉痛神経痛をはじめ、骨折なども治りやすくなります。トップアスリートも使用する特殊な治療器になります。

超音波の特徴とと同時に流せる電気の種類の特徴(2つ)は以下の通りです。

超音波

1秒間に数百万回の振動を起こすことにより、体内で生じる熱が患部を立体的に温めミクロマッサージ効果を発生します。音波の種類により浅いところから深いところまでアプローチが可能です。

マイクロカレント療法

カラダには微弱電流と言うものが流れております。カラダの組織を修復する際に体が発生する電流のことで、マイクロカレントとは、その電流と同じレベルの電流になります。擬似的にマイクロカレントを流すことで、傷いついた組織の修復を促し、損傷部の治癒を促進。神経や筋肉を興奮させないために『捻挫・打撲・寝違え・ぎっくり腰』などの急性の痛みを抑えることが可能です。無痛のために電気が苦手な方にもお勧めです。

ハイボルテージ療法

150Vを超える高電圧を用います。深部への刺激に適して、痛みの軽減や血流促進・可動域改善に効果的です。硬い筋肉をほぐす効果もあり、即効性が高い治療器になります。

治療機器の細かい説明は伊藤超短波のホームページもご覧ください▷コンビネーション刺激装置 EU-910

小林俊太

小林俊太

運動を通じて健康でいることの大切さを常に 多くの患者様のみならず、地域の皆様へ伝えていきたいです!

関連記事