体の症状について

正しい靴選びについて

靴を選ぶ際のポイントについてお伝えします。正しい靴選びは健康にも影響を及ぼす重要なことです。

  1. 足のサイズを知ることが重要:足のサイズと靴のサイズが同じだと思っている方も少なくありません。実際に靴のサイズを測ってみると『いつもよりも大きい』などと感じる方もおられます。足を靴にフィットさせることが重要になりますので、足のサイズの見直しが大変重要になります。また足の大きさだけではなく『形』も重要になります。足幅・甲の高さを確認した上で、足にあった靴選びが重要です。
  2. 靴はつま先のスペースが重要:人は歩き出す時に足を踏み込んで歩き出します。その際につま先にある程度の余裕がないとつま先が靴の先端にあたり、足指への負担となります。外反母趾・ハンマートゥ・内反小趾・巻爪・変形爪お原因にもなります。足のサイズよりも+1cm~1.5cmのサイズが推奨されております。
  3. 素材も重要:足にフィットしやすい素材を選ぶことも重要になります。サイズが既製品だと完全フィットは難しく、素材でのフィッティングも大切です。
  4. シーンにに合った靴を選びも重要:スポーツ・ウォーキング・ビジネスなどで履くシューズには耐久性なども重要になります。
  5. ご自身の足に合うカスタム・オーダシューズの検討も重要:足の症状がある患者様などは靴合わせが難し言い方も少なくありません。その場合はカズタム・オーダーでの靴の調整が必要になります。
  6. インソールでのフィッティングも効果的:シューズとのフィットを高めるためにもインソールで調整することも必要なケースもございます。また足の症状で悩んでいる方は特に考えたいただきたいです。足の負担を軽減し、足の動きをサポートすることで『健康な足』に近づくことが可能です。
  7. 靴を試着する際のポイント:両足履き、靴の中敷から足がはみ出ていない状態であることが重要です。両足を履き、歩いてみることが重要です。に
  8. 靴デザインについて:靴のデザインも大変重要ですが、足の健康を考えた上でデザインを選んでいただきたいです。

上記のポイントを踏まえた上で靴選びを楽しんでいただきたいです。

小林俊太

小林俊太

運動を通じて健康でいることの大切さを常に 多くの患者様のみならず、地域の皆様へ伝えていきたいです!

関連記事